インターネットFAXの導入事例

インターネットFAXの導入事例 インターネットFAXの導入事例には、以下のような物があります。
「証券会社での事例」。
証券会社で口座を作る際、顧客は早くしたいので、ファックスが届いたかどうか確認する電話がよくかかって来ましたが、口座の開設とコールセンターは部署が分かれているので、すぐに確認できませんでした。
しかし、インターネットを介してファックスを受信することで、どちらの部署でも確認できるようになり、顧客を待たせずに済むようになりました。
「ワイン輸入販売会社の事例」。
商品の注文などはファックスで送られて来ますが、昼間に外出することが多く、お店に戻らないと確認できない状態でした。しかし、ネットを介することで、携帯などからでも確認ができるので、迅速な対応が可能になりました。
また、売れ筋の商品は何かということを常に把握しておかなければなりませんが、メールアドレスを受信リストに設定しておくことで、仕入れで海外にいたとしても、ファックスのオーダーをチェックすることができます。

ベンチャー企業でインターネットFAXの利用が増えている理由

ベンチャー企業でインターネットFAXの利用が増えている理由 最近ではベンチャー企業を中心にインターネットFAXの利用が増えてきました。その理由は、従来よりも料金が安くなることと、利便性の高さです。
インターネットFAXは電話回線を使わずに、インターネット回線で文書のやり取りを行います。そのため、料金が安価に抑えられるため、経費削減をしたいベンチャー企業や個人事業主などに人気があります。
また、インターネットを使うことでパソコンで文書を受診できます。パソコンで文書を確認できるため、紙代やインク代も削減可能です。
自分からファックスを送りたいときも、パソコンで作成した文書を電話機を使わずに直接送信できるため、業務効率化に繋がります。
ネット環境さえあればいつでもどこでも文書の送受信ができることもメリットで、出張が多い人でも手軽に利用できます。
さらにはファックス専用機器も必要ないため、調達コストもかからず、設置するためのスペースも必要ないのでスモールビジネスに向いています。

新着情報

◎2018/1/11

インターネットFAXならではの魅力
の情報を更新しました。

◎2017/10/10

インターネットFAXによる情報共有
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

インターネットFAXの導入事例
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「FAX 企業」
に関連するツイート
Twitter