インターネットFAXは必要なデータだけ印刷できるメリット!

インターネットFAXは必要なデータだけ印刷できるメリット! インターネットFAXとは、電話回線を使わずにインターネット回線を利用してデータを送受信することができます。
専用の機器を用意する必要が無く、電話回線よりも低料金で通信が行えるなど、多くのメリットが存在するのが特徴です。
メール感覚でFAXの送受信が行えるため、相手の環境に合わせて使い分けることができ便利です。
インターネットFAXでは、基本的にデータとして文書が送られてきます。そのため、必要なデータだけを選んで印刷することができ、インクや用紙の節約になります。
ランニングコストが大幅に抑えられるので経費削減に役立ちます。利用するためには、インターネットに接続できるパソコンなどの機器と接続環境が整っている必要があります。
すでに会社や自宅で接続業者と契約し、環境が整っているならば問題ありません。
電話回線の契約や専用機器の購入、専用ソフトの準備も必要ありませんので、利用したい時に素早く導入することができます。

インターネットを通じてFAXが利用できる!

インターネットを通じてFAXが利用できる! インターネットを使って、FAXの送受信を行なうことが出来ます。
電話回線ではなくインターネット回線を使ってデータのやりとりを行ないます。送信したデータは、サービスの提供会社のネットワーク網を経由してPDFなどのデジタルデータに変換され相手方へ届く、という仕組みです。
これを利用するメリットは次のようなものがあります。

①従来の電話回線を使う場合と比べ、通信料金を大幅に抑えることが出来ます。
②接続できる環境があれば、自宅やオフィスだけでなく、出先からでもいつでも利用することが出来ます。
③パソコンで作成したデータを直接送信できるので、原稿印刷の手間が減らせます。
④FAX本体は必要ありません。受信したものはパソコン上などで確認できるので、用紙やインクなどの消耗品にかかる費用を抑えることが出来ます。
⑤受信したものは画像データとして保存でき整理も簡単なので、管理の効率化につながります。

回線の接続業者との契約(既に契約している場合は不要)、サービスの提供会社との契約、PCなどの接続機器が必要ですが、ネットワークやFAXの難しい設定など不要で、簡単に利用することが出来ます。

新着情報

◎2018/1/11

インターネットFAXならではの魅力
の情報を更新しました。

◎2017/10/10

インターネットFAXによる情報共有
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

インターネットFAXの導入事例
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「FAX 印刷」
に関連するツイート
Twitter