インターネットFAXはどこにいても情報共有ができる!

インターネットFAXはどこにいても情報共有ができる! 現代ビジネスでは、情報共有が非常に重要なコンセプトとなっています。
インターネットFAXサービスも、そういったトレンドに乗って、利用者が急増しているのです。従業員数の少ない小企業やベンチャー企業では、特に導入実績が多いと言われています。
資金力に十分な余裕のないベンチャー企業のオフィスでは、ハード設置の費用も大きな負担となります。
しかも、ベンチャーではスタッフが外で営業活動を展開している時間が長く、スタッフ間の連絡手段としても用いられている側面があります。
インターネットFAXサービスの場合、所在場所にかかわらず、簡単に情報共有ができるというメリットがあります。
また、コストが安いサービスでもありますので、企業にとっては大きな利点があります。インターネットFAXのサービスを使えば、連絡手法の確保もコスト節減も同時に実行可能です。
これからのビジネスにおいての必須のツールと言っても過言ではありません。

ベンチャー企業での導入が増えているインターネットFAXの仕組み!

ベンチャー企業での導入が増えているインターネットFAXの仕組み! インターネットFAXとは、従来の機器では送受信に電話回線を使用していましたが、インターネット回線を利用することで送受信できサービスです。
メールと同じ感覚でデータのやりとりができるので便利なうえ、通信コストも安く抑えられます。
これは固定電話と比較してIP電話の方が電話料金を安く利用できるのと同じ仕組みです。
インターネットFAXの仕組みはシンプルで、送受信するデータはサービスを提供する会社のネットワーク網を経由してPDFなどのデジタルデータに変換されます。
利用者はネットワークの設定や機器の設定などを行う必要がないので、利用したい時にすぐ導入することができます。
受信する相手の方も、インターネットFAXであることを意識することなく、従来の機器と同じように利用できて双方にメリットを得られます。
近年ではベンチャー企業を中心に導入する企業が増加しており、コストを抑えた利便性の高い通信手段として活用されています。

新着情報

◎2018/1/11

インターネットFAXならではの魅力
の情報を更新しました。

◎2017/10/10

インターネットFAXによる情報共有
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

インターネットFAXの導入事例
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「FAX 会社」
に関連するツイート
Twitter

FAXまだ会社使ってるわ…FAXあとに電話もしてるわ…無駄やん

Twitterあざらし@投資@kanpeco0

返信 リツイート 2:03

ちょっと前まで、そのイギリスにある著名な会社からPIN的なものはFAXで送られてきてましたわよ。 お若くていらっしゃる娘さんだからそんなこと言ってるかもだわ。

FAXの送信ネタを会社に忘れたわー 忘れたことにして寝る

クラウドベースのシステム使ってりゃいざって時にテレワークもできるんだよなぁ うち未だに会社に届く手書きFAXを使って仕事してるから会社まで行かないと仕事できない 今時FAXって何なのさメールにしろよメールに

Twitterさんまだんご@atnmtest

返信 リツイート 1:27

ほんとFAXの文化っていつまで続くんだろうね。小さい会社だとパソコン使えない事務員さんが多いから仕方なくうちも使ってるけど、そろそろ変革の時期だと思う。

固定電話とかFAXとか言う全時代の遺物から逃れた会社なので、エラーもデプロイやテストの失敗成功も社内連絡も売り上げが立った時のstripe通知も全部全部slackに来るし重要書類などの郵便物を送りつけてくる相手を痛罵するなどしている。

夫にも、なんで日本の会社は未だにわざわざFAX使ってるの?っていつも聞かれてた(笑)職種柄紙でのやりとりの方が早いのかもだけど😅

日本の会社の何故か添付ファイルのメールを送って、さらにメール届いてますか的なFAXまで送るし、 モニターで見られるPDFをわざわざプリントアウトして、ファイリングする謎の文化は何とかならんのか

Twitter佐天涙子@御坂美琴@satensan2828

返信2 リツイート3 0:53

わざわざ発注者にFAXで資料を送ってもらい、 その資料をスマホで撮影してLINEで送ってくる会社があるんだけど、 🐴🦌?

前にお客さんの会社にミーティングへ行った時、部屋の隅に使ってないFAXがあって、「これは旧時代の化石さ、見たことないだろ?」って言われたけど、こちとら現役バリバリですからねえ!😂